証券相続の窓口

受付時間 平日土日祝 9:00~18:00

コラム

故人が取引していた証券会社がわからなかったら?

[2021.10.01]

相続

相続が発生した時にまず大事なことは故人名義の資産の把握です。

そんな時に亡くなった方がどこの証券会社で取引していたかわからないということはありませんか?

 

よくこんな事例を聞きます。

「お父さんって確か株式持っていなかったっけ?」

「定期的にどこかの会社から配当の通知が来るね」

「たまに優待品も届くよ」

 

でもどこの証券会社で取引しているかわからない。

そして個人情報保護の観点から証券会社に問い合わせをしても取引があるかすぐに教えてくれません。

 

そういった時にどうすべきか?

そんなときに役に立つのが「ほふり(証券保管振替機構)」の登録済加入者の情報開示請求です。

 

費用は相続人(相続人の代理人を含む)からの請求の場合は6050円(税込)でかかりますが、どこの証券会社で取引していたか2~3週間でわかります。

 

詳細はこちらからご確認ください

ほふり(証券保管振替機構)のホームページ

https://www.jasdec.com/system/less/certificate/kaiji/chokusetu/index.html

 

でも時間もお金もかかるので大事なのはやはり事前対応です。

・エンディングノートを書いておく

・遺言を書いておく

・保有資産を家族と共有しておく

など元気なうちにできることをやっておくことをおすすめしておきます。

 

【筆者プロフィール】

小林 裕(Kobayashi Yutaka)
・一般社団法人証券相続普及協会 代表理事
・一般財団法人プロスピーカー協会 ベーシックプロスピーカー
・全国相続診断士会事務局 兼 三重県相続診断士会会長

<仕事内容>

「シニアを元気に、次世代を豊かに」
を理念に、資産運用・資産保全・資産寿命の延命・相続診断等を行っています。

相続前に有価証券を処分するか迷っている方、有価証券を相続して何から手を付けて良いかわからない方はお気軽にご相談ください。初回相談無料です。

<メッセージ>

日本ではまだまだ証券相続の専門家が少ないと思います。証券に携わっている専門家は相続を知らず、相続に携わっている専門家は証券を知りません。しかし、これから証券投資と相続というのは両輪で考えていく時代になってきたと考えています。こちらの協会では証券も相続にも精通している専門家のみを紹介しています。是非、お気軽にご相談ください。

【問い合わせ】
TEL :0120-980-050
FAX :03-5341-4677
E-Mail:info@shoukensouzoku-no-madoguchi.com

【ホームページ】
https://shoukensouzoku-no-madoguchi.com/