証券相続の窓口

受付時間 平日土日祝 9:00~18:00

コラム

証券相続の概要② 証券会社での相続手続き

[2019.01.25]

相続

証券会社の相続手続きについてご説明します。

証券会社の相続手続きは原則、名義変更が必要です。
被相続人が亡くなった時点で、売却や解約されるということは原則ありません。

ほとんどの商品は、(遺言がある場合を除き)遺産分割協議を経て相続人に名義変更の手続きを取っていただくことになります。

また名義変更を行う際の必要書類として、

  1. 1、被相続人の出生から死亡までの連続した「戸籍謄本」
  2. 2、法定相続人全員の「戸籍謄本」(原則、6ヵ月以内発行のもの)
  3. 3、法定相続人全員の「印鑑証明書」(原則、6ヵ月以内発行のもの)
  4. 4、証券会社所定の相続手続き書類

が必要となります。

もし、「遺言書」や「遺産分割協議書」がある場合は、必要書類が異なることがありますので、取引先の証券会社にお問い合わせください。

証券会社の相続手続きで気を付ける点として、銀行や信用金庫などと違い、日々値動きがある商品が多いため、円滑に相続手続きを行わなければ、思った通りの価格(金額)で相続できない場合があります。

また相続する商品もしっかり選別する必要があります。

将来的なことは誰にもわかりませんが、「将来性のある商品」と「見通しの悪い商品」を前もって分析しておくのをおすすめします。

例えば株式なら、「テーマ性」「業績」「財務力」「株主還元」「経営者資質」などを予め調べておくと、相続した後も自信を持って保有できるのではないでしょうか?

今まで証券を保有したことがない方は、いきなり証券を相続するというのは非常に敷居が高く感じるかもしれません。もしくは証券会社の言いなりになってしまい過度に手数料が取られるのではないかというご不安もあるかもしれません。そういう時は、セカンドオピニオンでIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に相談してみることをおすすめします。IFAは特定の証券会社に属さず、独立して活動する資産運用コンサルタントです。欧米諸国では、医者・弁護士に次ぐ資産運用のかかりつけとして広く認知されています。

【会社概要】
株式会社バリューアドバイザーズ
相続診断士 小林 裕

<業種>
金融商品仲介業(IFA=独立系ファイナンシャルアドバイザー)
証券相続士

<仕事内容>
資産運用・資産保全・相続診断等を行っています。
□資産運用を始めようと思っている方
□資産運用がうまくいっていない方
□資産運用の目的、目標がわからない方
□相続前に有価証券を処分するか迷っている方
□有価証券を相続して何から手を付けて良いかわからない方
はお気軽にご相談ください。初回相談無料です。

【問い合わせ】
TEL :03-5341-4676
FAX :03-5341-4677
E-Mail:y-kobayashi@value-advisers.co.jp

【ホームページ】
https://value-advisers.co.jp/